携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 Wiiリモコンを剣にドラゴンクエストシリーズ

ドラゴンクエストシリーズの派生作品の1つ。 2003年に発売された既存の製品の『剣神ドラゴンクエスト 甦りし伝説の剣』の流れを汲んだ体感RPGである。 本作ではWiiリモコンを剣に例え、これを振って敵を攻撃し、ボタン操作によって盾を構えたり必殺剣を放ったりすることができます。操作はWiiリモコンを使用して、手で誰でも遊べるようになっている。また、ドラゴンクエストシリーズは、第1作目で、"プレイヤー自身が主人公となって冒険を経験する"という概念が重要視されてきたが、この作品は、その概念を、当時の新ハードだったWiiと表現したことである。 日本で発売されたドラゴンクエストシリーズの作品としては初めてのイベントと戦闘をフルボイスの作品となった(声自体は、2005年に発売された北米版『ドラゴンクエストVIII』で初めて登場)。また、ライト層にもクリアできるように物語は簡潔に作成してコア層のためのやり込み要素が盛り込まれている。声優は、過去の特撮作品に出演経験がある人がメインキャストを占めている。これは、バトルシーンで声を張る演技を行うことができることを考慮して、意図的に選択されたことによるものだ。 2006年5月のE3で発表時には、Wii本体と同時発売を予定していたが、2007年春に延期されて以来、2007年7月12日に発売された。このシリーズは、任天堂の据置型ハードに登場したのはスーパーファミコンでリメイク版『ドラゴンクエストIII』以来11年ぶり(リメイク版を除けば、『VI』以来12年ぶり)。 時間のBGMは、書き下ろされた曲すべてが松前真奈美作曲(24曲)であり、他のドラクエ バトルロードシリーズの作品のほとんどの音楽を担当するすぎやまこういちの曲は、既存の歌の空室(4曲)にとどまっている。
[PR]

# by fkdinre212 | 2010-06-21 18:32